ホワイトニング

ホワイトニング WHITENING

治療方法の種類について

【 ホワイトニング 】
くすんだ歯や気になる黄色い歯をより自然な健康な白い歯に取り戻す治療です。削ることなくホワイトニングジェルを1日8時間夜にマウスピースを付けておよそ3日で3~4程色が白くなります。しかしながら、知覚過敏・後戻り・色素の強い食事制限が伴う場合が有りますので慎重な検査・診断が必要です。
※注意:個人差により治療ができない場合があります。
※高校生以下・妊婦・知覚過敏の強い方・カタラーゼ症方など

ホームホワイ卜二ンクの流れについて

第1回目【 カウンセリング 】
①主訴及び、既往歴の確認
②治療費及び、流れの説明
③シェード(色合い)の確認
④治療計画書の説明及び、署名
⑤模型の為の印象
⑥口腔内撮影
第2回目【 トリートメン卜開始の為の説明 】
①ホワイ卜二ング部分のお掃除(原則的には犬歯から犬歯までとなります。)
②マウスピースの試適・装着及び、ホワイ卜二ング材の説明
③治療費の入金
第3回目【 トリートメン卜の確認とメインテナンス(約1週間後) 】
①シェードの確認
②口腔内撮影
③フッ素塗布
~さらにシェードが2アップしてない場合、3日間トリートメント開始~
①シェードの確認
②口腔内撮影
③フッ素塗布
④終了(角合い2シェードアップにて終了となります。)
知覚過敏を生じた場合、早めに来院していただき知覚過敏処置をおこないます。
又、仕事でトリートメン卜確認の来院できない・知覚過敏が不安をお持ち方の為に、フッ素ジェル(630円)を処方致しますのでお申し出下さい。

歯に色がつく理由

コーヒー、お茶、タバコ等による変色
色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。
加齢による変色
年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。
全身疾患に由来する変色
胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因により歯の内部まで変色してしまった場合には
「ホームホワイトニング」が適しています。

※変色の程度によってはホームホワイトニングの効果が
期待できない場合がありますので、歯科医師へご相談ください。

ホームホワイトニングで歯を白くする。

ホームホワイトニングは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。
最初に歯科医院で歯列にあったマウストレーを作製します。あとはご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布して、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニング効果が得られます。

ホームホワイトニングのステップ TioN Take Home Whitening

1・歯科医院で

STEP.1
ホワイトニングについての説明
歯の表面をクリーニング
ホームホワイトニングについての説明と現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。
STEP.2
マウストレーの作製
歯の型をとって、ホワイトニングジェルを塗布するときに使用するマウストレーを作製します。 完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。

2・ご自宅で

STEP.3
ホワイトニングジェルの注入
マウストレーへホワイトニングジェルを注入します。
1歯あたり米粒2つ分を目安にします。
STEP.4
マウストレーの装着
ホワイトニングジェルが注入されたトレーを装着します。
ホワイトニングジェルが歯面全体に行き渡っていることを確認します。
装着時間は歯科医師の指示に従ってください。 装着中も自然です。

3・歯科医院で

STEP.5
経過の確認
ホワイトニング効果の経過確認を行いますので、必ず歯科医師に指示された日に来院してください。

歯が白くなる理由。

ホワイトニングジェルに含まれる過酸化尿素には、歯を傷めることなく内部の色素を細かく分解する力があります。継続的に作用させることによって、より深いところの色素まで分解し、歯を白くすることができます。

白くなるメカニズム

1.歯が変色した状態
歯の内部の色素が多く、歯が黄色く見えている状態。

2.ホワイトニングによる色素の分解
ホワイトニングジェルを塗布すると、徐々に内部までしみ込んでいき、色素を分解。

3.ホワイトニング後の白くなった歯
徐々に色素も減り、透明感のある白い歯になった状態。

誰もが気にしている「歯の色」

Q.お口のことで満足していないことは?

(2004年 ジーシー実施国民意識調査より)

歯の色を気にしているのはあなただけではありません。
60%を超える方が歯の色について満足していません。
ほとんどの場合はホームホワイトニングによって改善することができます。

歯科医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

▲PAGETOP